3月17日にうずみ火講座「福島原発事故から7年」「福島第一原発事故から7年 メルトダウンの後始末はどうなるのか」

「福島第一原発事故から7年 メルトダウンの後始末はどうなるのか」

廃炉作業は進んでいるのか、汚染水対策はどうなっているのか、除染で出た廃棄物はどうなるのか――。3月のうずみ火講座は17日(土)、「自由なラジオLight-Up」とタイアップして開催します。講師は、原子力の安全性を問い続けた「熊取6人組」の一人で、京大原子炉実験所研究員の今中哲二さん。自由なラジオでも原子力問題についてわかりやすく解説してもらっています。
演題は「福島第一原発事故から7年 メルトダウンの後始末はどうなるのか」。廃炉まで40年以上かかると言われている福島第一原発について、今一度考えてみませんか。
会場は、大阪市中央区谷町2丁目の「市民学習会議室」。1階にスターバックスがあるNSビルの9階です。

  • 【日時】3月17日(土)午後2時~5時 ※懇親会あり
  • 【会場】市民学習会議室
    (地下鉄谷町線「天満橋駅」③出口から南へ5分、または「谷町4丁目駅」1-A出口から北へ徒歩5分)
  • 【資料代】1000円、一般1200円、学生・障害者700円